ayaquarium

水草水槽を中心に、シュリンプやアピストなどの飼育についてのあれこれを書いていく予定。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --

LEDの活用  

こんにちは ayaquaです。

お店でベタを見ていたら、一斉にこちらを向いてフレアリングしてきました。さすが闘魚!

私一応メスですけどwww

ふーんだ、魚類に私の魅力がわかってたまるかーー!(*`皿´*)ノムキー

さて、今日はLEDの経過報告です。 経過っていうか、結果かな。

結論から言えば、有茎草が多い水草水槽では使用するのを諦めました。

理由1:暗い  

  これ意外だったのですが、拡散してしまうんですかね。

20Wもあるし、水面から30cmしか離していないのに暗い。

そもそも吊り下げ型にした理由の一つが、水槽の上部空間を開けて、メンテナンスの作業効率を上げたかったというのがあります。

なので照明の高さをこれ以下に下げなくてはいけないのであれば、意味がないのです。

もしかしたら2灯にしたらもう少し明るくなったかもしれません

理由2:コケが出る  

 水草水槽やる上で照明の選択条件の上位に来るのが、コケが出にくいかどうかではないでしょうか。

取り付けた90水槽は、水草の植栽量が多いのと現在調子が良いせいで、コケや油膜の量は本当に少なかったのですが、 LED使用開始後からコケが出現し、さらに成長の勢いが早かったです。

  蛍光灯とLEDの波長の違いなどは調べてみると色々出てきます。

葉緑素の吸収スペクトルから、水草には青と赤のスペクトルが確保されている照明が適しているなんて言われてます。

おそらくLEDでは赤の波長といわれる600~700nmの範囲の波長が弱いせいなんですかね。

知らんけどwww

ただ元々10Wのものをボルビとミクロの水槽で愛用しているため、水草の種類によっては便利に使えるということはわかっています。

要は適材適所ってことでしょうかね。

別の水槽に使いましょ♪

最近はアクア用のLEDもどんどん進歩してるんでしょうから、なにもわざわざアクア用じゃないのを使わんでもという声もあるでしょうけど、 こういうのが面白いところだよなーとも思っています。

身の回りにあるものを工夫しながら楽しんでいくのも趣味の楽しさですよね、きっと♪

あら、今日は字ばっかり。

ぽちりして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
CM: 10
TB: --

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。